自己紹介


【待兼山カオスについて】

大阪の北に位置する待兼山(マチカネヤマ)で

幼小中の3児を育てながら

『うちの子グッズ』制作に日々奮闘中です。


個人クリエイターのためお届けがゆっくりですが

その分、プレゼントなどで利用しやすい価格設定を

目指しています。


WEBショップでデザイン職を経て起業

ブログ、Instagram、minneをメインに活動中です。


うちの子デザインの魅力に取り憑かれ

気がつけば約10年。

こなしたオーダーも数百件超になっていました^^;


お気軽にお声がけくださいね♪


▼豊中キャンパス内の中山池▼



待兼山(まちかねやま)は、


大阪府豊中市・池田市・箕面市にまたがる千里丘陵の山(標高77.3m)。


面積の大半を大阪大学豊中キャンパスが占め、

古くは歌枕として「枕草子」や「新古今和歌集」にも登場します。


学内工事現場から出土した先史時代(新生代第四紀)のワニ・マチカネワニの化石でも有名。



【オーダー作品にいたるまでの経緯とお礼】


私自身が、3児の母であり、動物が大好き。

長く猫と暮らした経験もあり、猫柄の雑貨を見つけるとつい欲しくなってしまいます。


とってもオシャレで可愛い雑貨が溢れる中で、

「あぁ…、この猫の柄が、うちの猫だったらなぁ…」

「雰囲気がある加工をしたら、うちの子の写真だって、ブランドのロゴっぽくなるんじゃない?」

という親バカ精神を原動力に、オーダー作品をデザインしております。



絵を描いたり作ったりする事が大好きなので

当初はオリジナル雑貨を制作・販売しておりました。


ある時、ご注文頂いた方の飼い猫ちゃんが天国に旅立たれたと聞き

せめてもと、その猫ちゃんの写真を加工して作った小さな作品をオマケにお送りしたところ、

泣いてお礼の電話を下さった事がありました。


とっても嬉しかった反面、じゃあ自分が作った雑貨に人を泣かせられる力があるか?と言えば

「そうではない」という事にも、気が付きました。


その事をきっかけに、

「本当に人に喜んでもらえるモノってなんなんだろう…」という疑問から、


自分が作りたいモノを売る前に

その人が本当に欲しいと思うモノを作る「手伝い」という

時間と作業を売っていきたいと感じるようになりました。



それから、沢山のブロ友さんにサンプル作りに協力して頂き、

応援してもらい、背中を押してもらい、やっと今の形に至ります。


会ったこともない沢山の方々が、信じ応援してくれた事、

そして、何も聞かず、何も言わず、あたたかく見守ってくれている家族と両親に

ただただ感謝です。


ここまで支えてもらった勇気やパワーを、少しでも次の人に送り出す事が出来ればと思います。




待兼山カオス



Special Thanks


キャトルさん、くろ工房さん、オンマさん、日菜子さん、武藤さん、ゆーりさん、Nagoさん、あっこさん、ひろぴろさん、ともりんさん、マリシエさん、huwahuwarainbowさん、L’工房さん、トミーPaPaさん、さとみさん、ゆーりんさん、マメママさん、uguisuさん、KARAFURUさん、reikaさん、なみほさん、こももさん、kikiさん、maconde-20さん、さーちゃんさん、kohakuさん、きよみんさん、まちゃさん、バニラちゃん、Sweet Teatimeさん、Seikoさん、mowさん、月猫さん、dakn-712さん、WAKOさん、田口さやかさん、ちぃさん、emiさん、KICKSさん、こんさん、まぁたんさん、cherryさん、つばきさん、rioママさん、Rinaさん、りんママさん、ぴかるんさん、MIYUさん、ringoさん、たまっちさん、ひでっちさん、さわ子さん、もふもふさん、kaede-momさん、瑠璃さん、夏色インコさん、seiさん、ゲッコーさん、おじゃりんさん、花売りさん、piariさん、(順不同)